ポケモン ミュウツーの逆襲evolution 感想・評価

ポケモンのミュウツーの逆襲evolutionを観てきました。

「劇場版ポケットモンスター ココ」大ヒット上映中

「劇場版ポケットモンスター ココ」大ヒット上映中…

スポンサーサイト

ミュウツーの逆襲evolutionとは?

1998年に公開された、ポケモン映画1作目「ミュウツーの逆襲」の完全リメイクです。今回は、フル3DCGで作成されるため、ストーリーはそのままに迫力の画面で見ることができます。また、声優陣も当時と変わらず、市村正親、小林幸子が参加。当然ポケモン映画皆勤賞の山ちゃんも参加しています。主題歌も「風といっしょに」のリメイクを、小林幸子としょこたんで歌っています。個人的に、レイモンドも声優参加していたのが嬉しかったです。

客層

やはり20−30代の1作目リアルタイム世代が多かったです。その上で、ポケモンGO効果か年配の方もちらほらいました。

感想

完全リメイクは伊達じゃなかったです。当時から時間が経っているため、キャラ紹介などは挟んでいても、全体的に忠実に再現されていました。

完全版のアイちゃんとコピーの御三家の話はなかったです。ここは冒頭の話がダラけるからカットになったのかもしれないです。初見の人には、入りとしては難しい面があるので。。。。

途中、ロケット団の船がラプラス仕様になっていたり、ボイジャーさんのセリフが「カモメ」から「キャモメ」になってたりと、アレンジは加わっていましたが、どれも自然で違和感が全くなかったです。

後半のバトルシーンもCGのため、綺麗な映像で迫力があって見応えたがありました。

最後のサトシのメッキ感がCGでより質感が伝わってきました。笑

ただ、その表現以上に、最後のポケモンの表情とストーリーに泣けました。特にポケモンの涙シーンがリアルすぎな上に、最後のピカチュウの涙シーンは演出含めて神と思いました。

風といっしょに、も聞いてるだけでうっすら涙が出るのは、やはりリアルタイム世代故な気がします。

まとめ

今年のポケモンは、一昨年から続いたポケモン復帰勢向けの映画の最終作としては、秀逸でした。アニメの良さもありますが、最新技術の詰まった形でのリメイクは純粋に嬉しいです。

パッケージが発売されたら絶対に買おうと思います。

ちなみに、長らく続いた劇場でのデータ配信が今年はないのです。今年の興行成績は、純粋に映画を楽しみに来た人になるので、今のポケモンの人気がどのくらいあるのか結果が楽しみです。

 

スポンサーサイト